お問い合わせ 03-5846-2151

ブログ

ブログ

ownCloud 5 新暗号化機能

ビーグッド・テクノロジー ownCloud担当です。

ownCloudの暗号化機能は 4.5.0 で一度追加されましたが、大幅な機能改良のために 5.0.0 より機能が外されていました。
2013/6/6/に公開された ownCloud community edition 5.0.7 で待望の新暗号化機能のプレビュー版がリリースされ、現在も機能改良を継続実施中です。

今回は新暗号化機能の導入手順を公開します。

暗号化アルゴリズム : AES-128
暗号利用モード   : CFB
鍵長        : 4096bit

1.暗号化アプリの有効

アプリパネルより[Encryption]を有効にします。


管理者パネルで[Enabled]を選択します。任意のリカバリキーを入力します。


これで新暗号化機能を利用する為の設定が完了です。

2.動作テスト

動作テストとしてテストファイル(test.txt)をWebブラウザ経由でアップロードします。




ブラウザ上からファイルをダウンロードしてしまうと、復号されたファイルがダウンロードされてしまいます。ownCloud上にアップロードされたファイルが暗号化されているか確認するには、dataディレクトリから直接ファイルをダウンロードします。

ファイルパス : /var/www/html/owncloud/data/test-user/files/test.txt

ダウンロードしたファイルを開くと、暗号化されていることが確認できます。



なお、Officeファイルを直接ダウンロードした場合、暗号化されている為、下図のエラーが表示されファイルを参照することができません。


3.注意点

現時点(ownCloud 5.0.9)で、暗号化機能を無効にする場合はアプリパネルの[Encryption]を無効にしないといけません。管理者パネルで[disables]を選択し、ファイルをアップロードしても暗号化されたままになります。今後の機能改修に期待しましょう。

ownCloudを日本語でまとめているサイトは owncloud.jp です。

トップへ戻る
Copyright © 2017 BeGoodTechnology All rights reserved.