お問い合わせ 03-5846-2151

ブログ

ブログ

ownCloud の Server Edition をインストール

ビーグッド・テクノロジー owncloud担当です。

owncloudは、無償のCommunity Edition以外に有償エディションがあります。有償エディションの場合、ServerEditionを利用します。

ServerEditionのバージョンは現時点(2013年4月25日)で[4.5.10]であり、新しいバージョンの[5.0]は6月リリースを目標に開発が進められています。

今回はServerEdition[4.5.9]でownCloudの導入してみましたので導入手順を公開します。

OS:CentOS6.3(64bit)
PHP:5.4.14
MySQL:5.5.31
ディスク容量:100GB
ownCloud本体の格納場所: /var/www/html/owncloud
データの格納場所: /home/data
ownCloudServerEdition: ownCloud 2012.4.5.9 Server (supported, .tar.bz2)

1.CentOS6.3(64bit)のインストール

一般的なインストールで問題ありません。ただし、以下2点だけカスタマイズしました。



/ を12800MBに変更、/home を85064MBに変更しています。



CentOS6.3のインストールは「Web Server」を選択しています。

2.CentOS6.3の設定

--デフォルトゲートウェイの設定
# vi /etc/sysconfig/network
GATEWAY=192.168.1.10
--インタフェースの設定
# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
BOOTPROTO="none"
ONBOOT="yes"
IPADDR=192.168.1.1
NETMASK=255.255.255.0
--インタフェースの再起動
# /etc/init.d/network restart
--DNSサーバの設定
# vi /etc/resolv.conf
nameserver 8.8.8.8 //GoogleのDNSサーバ
nameserver 8.8.4.4 //GoogleのDNSサーバ
--iptablesの設定
# vi /etc/sysconfig/iptables
//ESTABLSIHED,RELATEDの行の下に追加
-A INPUT -p tcp -m tcp --dport 80 -j ACCEPT
-A INPUT -p tcp -m tcp --dport 443 -j ACCEPT
--iptablesの再起動
# /etc/init.d/iptables restart
--ntpdの自動起動設定
# chkconfig ntpd on
--httpdの自動起動設定
# chkconfig httpd on
--SELINUXの無効
# vi /etc/selinux/config
SELINUX=disabled
--リブート
# reboot

3.ownCloudに必要なパッケージをインストール

//Apacheのインストール
# yum -y install httpd
//Wgwtのインストール
# yum -y install wget
//ライブラリのインストール
# yum -y install libzip libzip-devel zlib-devel libaio
//Pcreのインストール
# yum -y install pcre pcre-devel
//Gccのインストール
# yum -y install gcc
//PHPのインストール(MySQLのセットアップ完了後、PHP5.4系へアップデート)
# yum -y install php*

4.MySQL5.5をダウンロード

//www.mysql.comよりファイルをダウンロード
# wget http://www.mysql.com/get/Downloads/MySQL-5.5/MySQL-server-5.5.31-2.el6.x86_64.rpm/from/http://cdn.mysql.com/
# wget http://www.mysql.com/get/Downloads/MySQL-5.5/MySQL-devel-5.5.31-2.el6.x86_64.rpm/from/http://cdn.mysql.com/
# wget http://www.mysql.com/get/Downloads/MySQL-5.5/MySQL-client-5.5.31-2.el6.x86_64.rpm/from/http://cdn.mysql.com/
# wget http://www.mysql.com/get/Downloads/MySQL-5.5/MySQL-shared-compat-5.5.31-2.el6.x86_64.rpm/from/http://cdn.mysql.com/

5.MySQL5.1の削除とMySQL5.5のインストール

//古いmysqlを削除する前にMySQL-shared-compatのインストール
# rpm -ivh MySQL-shared-compat-5.5.31-1.el6.x86_64.rpm
//古いmysqlの削除
# yum remove mysql*
//MySQL5.5のインストール
# rpm -ivh MySQL-server-5.5.31-1.el6.x86_64.rpm MySQL-devel-5.5.31-1.el6.x86_64.rpm MySQL-client-5.5.31-1.el6.x86_64.rpm
//MySQL5.5の起動
# chkconfig mysql on
# service mysql start

6.MySQL5.5の初期設定

//MySQLの初期設定
# mysql_secure_installation
Enter current password for root (enter for none):[空エンター]
Set root password? [Y/n][空エンター]
New password: パスワード
Re-enter new password:パスワード
Remove anonymous users? [Y/n][空エンター]
Disallow root login remotely? [Y/n] n
Remove test database and access to it?[Y/n][空エンター]
Reload privilege tables now?[Y/n][空エンター]

7.ownCloud用のDBを作成

# mysql -u root -p
Enter passwaord:パスワード
//ownCloud用データベースの作成(DB名の例:owncloud)
//mysql> create database 【DB名】 default character set utf8;
# mysql> create database owncloud default character set utf8;
//ownCloud用データベースの権限付与
//mysql> grant all privileges on 【DB名】.* to 【ユーザ名】@localhost identified by 【パスワード】;
//DB名の例:owncloud、ユーザ名の例:admin、パスワードの例:hogehoge#0425
# mysql> grant all privileges on owncloud.* to admin@localhost identified by 'hogehoge#0425';
//内部キャッシュの消去
# mysql> flush privileges;
//mysqlバージョンの確認
# mysql> select version();
//終了
# mysql> exit

8.MySQL5.5の設定

//my.conへ追加
# vi /etc/my.con
[mysqld]
 datadir=/var/lib/mysql
 socket=/var/lib/mysql/mysql.sock
 # Default to using old password format for compatibility with mysql 3.x
 # clients (those using the mysqlclient10 compatibility package).
 old_passwords=1
 key_buffer_size = 384M
 max_allowed_packet = 1M
 table_open_cache = 1024
 sort_buffer_size = 2M
 read_buffer_size = 2M
 read_rnd_buffer_size = 8M
 myisam_sort_buffer_size = 64M
 thread_cache_size = 32
 tmp_table_size = 256M
 query_cache_size = 0M
 query_cache_type = 1
 thread_concurrency = 4
 max_connections = 512
 max_connect_errors = 9999
 # ADD
 character-set-server = utf8
 skip-character-set-client-handshake
[mysqld_safe]
 err-log=/var/log/mysqld.log
 pid-file=/var/run/mysqld/mysqld.pid
[client]
 # ADD
 default-character-set = utf8
[mysql]
 # ADD
 default-character-set = utf8
[mysqldump]
 # ADD
 default-character-set = utf8

//MySQLの再起動
# service mysql restart

9.PHP5.4系へのアップデート

CentOS6.3のデフォルトではPHPのバージョンが5.3.3であるため、リポジトリRemiを用いてバージョンアップを実施します。

バージョン5.3.3でもownCloudを使用することは可能ですが、脆弱性回避のために5.4系にアップデートします。詳しくは[17.注意点]をご参照ください。
//最新のリポジトリをダウンロード
# wget http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm
# wget http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
//rpmのインストール
# rpm -ivh remi-release-6.rpm epel-release-6-8.noarch.rpm
//ダウンロードしたファイルを削除
# rm -f *release-*
//リポジトリを無効にする。
# vi /etc/yum.repos.d/remi.repo
# vi /etc/yum.repos.d/epel.repo
enabled=0
--PHPのバージョン確認
# yum --enablerepo=remi info php
--PHP5.4系にアップデート
# yum --enablerepo=remi update php
--PHPのバージョン確認
# php -v


10.php.iniの設定

# vi /etc/php.ini
post_max_size = 1000G
upload_max_filesize = 1000G
memory_limit = 2048M

11.httpdの設定

//各種設定を書き込む
# vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
DocumentRoot "/var/www/html/owncloud/"
ServerName hoge.owncloud.hoge
ServerTokens Prod
ServerSignature Off

<Directory /var/www/html/owncloud>
 Options -Indexes FollowSymLinks
 AllowOverride All
 Order allow,deny
 Allow from all
</Directory>

12.ownCloudServerEditionのインストール

wgetやwinscpを用いて owncloud-2012.4.5.9-enterprise.tar.bz2 をダウンロードし、/home に置きます。
//ディレクトリの移動
# cd /home
//配置したファイルの解凍
# tar jxf owncloud-2012.4.5.9-enterprise.tar.bz2
//owncloudフォルダを/var/www/html配下にコピー
# cp -r owncloud /var/www/html/
# cd /var/www/html
//owncloudフォルダに対するオーナーとグループを変更
# chown -R apache:apache owncloud
//Apacheの再起動
# service httpd restart

13.ownCloudのdataディレクトリを /home に作成

//ディレクトリの移動
# cd /home
//dataディレクトリを作成
# mkdir data
//作成したdataディレクトリに対するオーナーとグループを変更
# chown -R apache:apache data

14.ブラウザで http://192.168.1.1にアクセス



データフォルダとデータベースの設定を行い、セットアップを完了させます。



[管理者]パネルの一番下に ownCloud 4.5.9 Enterprise と表示されれば設定完了となります。



15.Apacheのテストページを削除

//Apacheのテストページを削除
# rm -f /etc/httpd/conf.d/welcome.conf
# rm -f /var/www/error/noindex.html

16.hostsファイルの修正

グローバルIPを用いて、外部からアクセスすると[管理者]パネルへのアクセスが重くなる場合があります。この場合は、hostsファイルにローカルIPアドレスとFQDNを追加すると解消されます。
# vi /etc/hosts
192.168.1.1 hoge.owncloud.hoge

17.注意点

ownCloud 5.0.1(CommunityEdition)から、安全でないPHPのバージョンを使用している場合、脆弱性に関する警告が表示されるようになりました。下記の画面は CommunityEdition で確認したものですが、ServerEdition でも脆弱性回避のためPHPのアップデートを推奨します。



ownCloudを日本語でまとめているサイトは owncloud.jp です。

トップへ戻る
Copyright © 2017 BeGoodTechnology All rights reserved.