お問い合わせ 03-5846-2151

ブログ

ブログ

ownCloudクライアントソフト(1.3.0)リリース

ビーグッド・テクノロジー ownCloud担当です。

2013年6月25日に公開されたownCloudクライアントソフト(sync-client)の1.3.0のリリース内容を日本語にしてみました。大幅な改善がされています。

Release 1.3.0
Release june, 25, 2013

Mirall/ownCloud Client, version 1.3.0
csync 0.80.0 required.

・プロキシポートのデフォルトを8080へ
・パスワード変更時にもプロキシ設定を失わない
・SOCKS5 プロキシをサポート(ssh -Dとの組み合わせで有用)
・稼働中にプロキシー変更のcsyncへの通知
・プロキシウィザードの改良
・プロキシエラーを表示
・ロックファイルの問題を解決
・何らかの理由で相手側の全てのファイルが削除されている場合に警告
・認証が特定のケースで失敗した場合に無限ループを回避
・特定のケースでコンフィグからのパスワード読み込みを修正
・同期対象が消えた時にクラッシュしない
・Windows上でヘルプを動作
・同期状況通知の曖昧な部分を削減
・アイコントレイのポップアップが同じ内容を表示するのを修正
・Windowsでのディレクトリ分割子の利用を追加
・ジャーナルを以前に持っていたディレクターを再度利用する場合にはジャーナルを削除
・ステータスダイアログの見栄えを整理
・ウィザード:URLやユーザー名を変更する時に、ユーザーに元のデータを新しいところに
 アップロードするか、フォルダを削除して空の状態から開始するか選択するようにした。
・ウィザード:カスタムフォルダを同期先として再度動くように設定を変更
・アプリケーションアイコンを修正
・ユーザーエージェントに"Mozilla/5.0"とプラットホーム名が含まれるようになりました
 (ファイヤーウォール/プロキシー互換)。
・サーバー側ディレクトリ移動を検出
・新しいセットアップウィザードで、root同期が既定(新規セットアップのみ)
・スレッド中断/停止が改善

csync, version 0.80.0, ownCloud release

・巨大ファイルの分割
 (例えば、大きなファイルのアップ/ダウンロードが今後は問題なくなります。)
・ファイル転送再開機能(巨大ファイルのダウンロード再開が可能)
・ファイルデータベースが破損、消失した場合のファイル不整合エラーを修正
・ファイルがロックした時のファイル不整合エラーを修正
・妥当なコンフリクトファイルは、クライアント側にのみ保存
・ファイル送信失敗後の信頼できない同期を修正
・ファイル名変更によるinodeキャストエラーを修正
・nginx設定、またはnginxプロキシーでファイル分割が機能するよう修正
・csync_update のエラー報告を改善
・csync_commit での進捗データベースを整理
・Coverityにより検出された問題を修正
・状態の不明なファイルがあった場合に衝突ファイルが発生するのを修正
・以前ダウンロードに失敗したファイルがダウンロードされなかった場合の
 サーバー側エラーを隠さないようにした。

元リンク
Sync Client Releases です。

ownCloudを日本語でまとめているサイトは owncloud.jp です。

トップへ戻る
Copyright © 2017 BeGoodTechnology All rights reserved.