お問い合わせ 03-5846-2151

ブログ

ブログ

ownCloudのバージョン管理機能とセキュリティ


ビーグッド・テクノロジーの瀬山&風間です。

 今回は以前紹介したownCloudの一部機能やセキュリティについて解説したいと思います。
 全体についてはこちら

・バージョン管理機能
 ファイルを上書き保存しても、復元できる機能です。とてもありがたい機能です。
 dropboxやGoogle ドライブなど、多くのオンラインストレージでは直近30日以内のファイルを無償で復元可能としていますが、ownCloudは標準で備わっており日数制限もなしです。
 自前のオンラインストレージですから当然と言えば当然ですが、日数制限なしというのは地味に魅力的な部分です。

・セキュリティ
 オンラインストレージでの不安要素の1つとして、セキュリティが挙げられます。
 ownCloudは、ファイルを暗号化してからストレージに格納させることができます。
 また、SSLを使った暗号化通信(https通信)に対応しています。

 弊社でも外部と状況共有を行う場合、メールが基本となります。添付ファイルは機密事項が記載されている場合が多いので暗号化してから配信するのが基本中の基本です。しかし、あくまで添付ファイルを暗号化するのは個人です。暗号化せずに誤配信してしまってからでは遅いです。メール配送時に添付ファイルが暗号化されているかどうかをチェックしてくれるシステムやサービスもありますが、それ相当の費用は発生します。

 そこでownCloudの出番となります。機密性が高い資料はownCloudでやり取りをするようにすればいいわけです。特定のお客様とやり取りをする場合は、グローバルIPでアクセス制限をかけることも可能です。ownCloudのIDやパスワードが外部に流出したとしても、ownCloudにアクセスさせなければ被害は最少となります。

 ownCloudは、これを取り巻く機器やミドルウェア(ファイアウォール、Apache、MySQL等)を上手く活用することで、高セキュリティ化・高機能化を実現させることができます。皆様も上手く活用していただければと思います。

トップへ戻る
Copyright © 2017 BeGoodTechnology All rights reserved.