BGTマネージドクラウド 導入ご検討にあたりよく頂くご相談事項をまとめました。
該当するご質問・ご相談内容がない場合はお気軽にお問合せください。

BGTマネージドクラウドの特徴について

BGTマネージドクラウドは、どのようなシステムに適していますか?
ECサイトから高セキュリティを要するシステムまで、様々なシステムに適しています。
サービス稼働率(SLA)はありますか?
月間のサーバ稼働率を99.99%としています。
自社システムとの連携は可能ですか?
可能です。お客様の施設または契約しているDCとプライベート接続(閉域型回線)またはインターネットVPN接続で連携可能です。
既存システムをBGTマネージドクラウドに移行したいのですが、移行作業を代行してくれますか?
システム構築・移行サービスをご用意しています。P2V(Physical toVirtual)による移行をご支援します。
ディスク容量は変更可能ですか?
可能です。セカンダリディスクは100GB〜1TBまで100G単位で変更可能です。
外部ストレージは提供していますか?
はい。最大8TBまでご用意しています。
お客様専用の仮想UTM装置(Fortigate)は標準で備わっているのですか?
はい。BGTマネージドクラウドをご利用するすべてのお客様にご提供しています。
管理コンソール(Cloud Desktop Console)の操作マニュアルはありますか?
ございます。お客様に電子データでお渡ししています。
WindowsServerやRedHatLinuxといった商用OSを採用する場合、ライセンスは必要ですか?
必要です。ライセンスはお客様でご用意ください。
コンテンツデリバリネットワーク(CDN)は提供していますか?
SaaSタイプのCDNをオプションにてご用意しています。ただし、WAFの導入が必要です。
レンタルDNSサービスは提供していますか?
フリービット社のレンタルDNSサービスの申込受付をしています。
正引きはもちろん、逆引きにも対応可能です。ただし、逆引きは、BGTマネージドクラウドで払いだされたグローバルIPアドレスに限ります。

ページトップへ

申込み方法について

申込方法はどうするのですか?
メールにて申込書をお渡ししますので、ご記入及びご捺印した申込書はPDF形式にてご提出ください。申込書の原本は後日配送していただければ結構です。

ページトップへ

利用料金について

利用料金の支払い方法について教えてください。
利用月の翌月に請求書を配送します。請求書に記載されている銀行口座にお振込みください。お振込みに係る手数料はお客様でご負担ください。

ページトップへ

利用料金について

申し込み後、どの程度の期間で利用できるようになりますか?
最短で5営業日です。
最低利用期間はありますか?
最低利用期間は1ヶ月です。

ページトップへ

利用料金について

グローバルIPアドレスはいくつ提供していますか?
デフォルトで10個提供しています。1契約あたり最大で250個まで提供可能です。
ネットワークセグメントはいくつ提供していますか?
デフォルトで2セグメント提供しています。1契約あたり最大で8セグメントまで提供可能です。
IPv6には対応していますか?
対応しています。各仮想マシンにグローバルIPv6アドレスを標準で割り当てています。
ネットワーク利用料の従量プランについて課金の仕方を教えてください。
95%ピーク課金という仕組みを採用しています。
95%ピーク課金とは、お客様収容インターフェースにて5分ごとに、In-BoundとOut-Boundの5分平均を計測し、In-BoundとOut-Boundをそれぞれ昇順に並べます。それぞれの上位5%をカットした最大値の「大きい方」が料金対象値になります。
ネットワーク利用料は固定プランもありますか?
ございます。10Mbps単位の固定プランをご用意しています。

ページトップへ

サーバ関係

サーバの拠点先はどこですか?
国内は東京サイトと大阪サイトです。いずれか、または両方を選択できます。
サーバの拠点先(仮想化プラットフォーム)は見学可能ですか?
非公開情報ですので、見学できません。弊社営業担当までお問い合わせ下さい。
物理サーバを導入するラックスペースはありますか?
ございます。1U単位または1ラック単位で貸し出しをしています。物理サーバとクラウドを構内配線で結ぶことが可能です。

ページトップへ

セキュリティ関係

詳細なアクセス制御、強固なセキュリティを施したいのですが可能ですか?
可能です。お客様専用の仮想UTM装置(Fortigate)はルーティング機能、FW機能、IDS/IPS機能、アンチウイルス機能などを有しています。
DBのバックアップやリカバリサービスは提供していますか?
提供しています。DB(mysql)のデータをストレージ(NFS)にバックアップし、障害発生時はリカバリを実施するサービスをご用意しています。
障害監視はしていますか?
クラウド基盤の障害監視は24時間365日で行なっています。障害時はお客様にメールでお知らせしています。
また、仮想マシンの障害監視をご希望されるお客様のため、24*365障害監視サービスをご用意しています。
監視項目として、死活監視、ポート監視、プロセス監視、URLサービス監視、URLレスポンス監視、ログ監視、リソース監視、データベースリソース監視があります。
Webアプリケーションファイヤーウォール(WAF)は提供していますか?
SaaSタイプのWAFをオプションにてご用意しています。
ディザスタリカバリ(DR)やBCP対策は可能ですか?
可能です。東京サイトと大阪サイトの両サイトを使い、各サイトで作った仮想マシンを他サイトにコピーする機能を提供しています。
自社ビジネスに注力したいため、システムの運用保守をしてもらうことは可能ですか?
可能です。24*365運用保守サービスをご用意しています。電話によるアラート通報、一次切り分け、障害対応を行います。

ページトップへ

仮想マシン関係

仮想マシンの課金は1日単位ですか?
1日単位です。仮想マシンを停止することで課金はされません。
仮想マシン作成時に、希望するOS(OSのバージョン)がない場合はどうすればよいですか?
サポートセンターにご連絡ください。サポートセンターにて提供可能かどうか確認し、提供可能な場合は仮想イメージをご用意します。
仮想マシンを一元管理できるコントロールパネルはありますか?
ございます。Web形式の管理コンソール(Cloud Desktop Console)をご用意しています。
仮想マシンのスペック変更は可能ですか?
可能です。仮想マシンを停止し、CPUやメモリを変更した後に仮想マシンを起動させることで変更できます。
ただし、OSを組み込むプライマリディスクは50GB固定です。
仮想マシンはroot権限を付与していますか?
root権限でssh接続が可能です。お客様専用の仮想UTM装置(Fortigate)によるアクセス制限も可能です。
ロードバランサーは提供していますか?
可能です。お客様専用の仮想UTM装置(Fotigate)はL4ロードバランサー機能を有しています。
なお、L7ロードバランサー(SSLアクセラレーター)が必要な場合、仮想マシン上で動くロードバランサー(LoadMaster)をご用意します。

ページトップへ

仮想化関係

仮想化のソフトウェアは何を採用していますか?
VMwareを採用しております。また、上位ネットワーク機器にはFortinet社のFortigateを採用しており、そのVDOM機能により仮想的なUTMを1契約にあたり1つ提供しています。
仮想化プラットフォームは冗長構成ですか?
仮想化プラットフォームはHAクラスタ機能により冗長構成となっています。
仮想マシンの設定からOSのインストール・設定代行は可能ですか?
可能です。別途料金は発生致しますが、お客様からヒアリングを行い、設計からお手伝いします。
設計図書として、ネットワーク構成図、仮想マシンのパラメーターシートをご提出しています。
仮想マシンのクローンはできますか?
可能です。管理コンソール(Cloud Desktop Console)で簡単に作成できます。

ページトップへ

サービス解約について

解約手続きについて教えてください。
サポートセンターまたは営業担当者にご連絡ください。解約日はご連絡をいただいた日から加算して10営業日後としています。

サービスについてご質問・導入のご相談はお気軽にご連絡ください。

03-5244-4112

お客様相談窓口 平日10:00~17:00

Webサイトからの ご相談はこちらから

ページトップへ