L4標準、L7(オプション)ロードバランサーの提供

標準ロードバランサー(無償の標準機能)

ロードバランサー(負荷分散装置)はクライアントからの通信を複数のサーバに分散させることができ、主に下記の目的で導入されます。
商用サービスでは必須の機能となっています。

  • サーバの負荷軽減
  • スケールアップ構成構築
  • サーバ保守時にサービス継続が可能

標準機能では無償でロードバランサーが提供されます。

  ロードバランサー
(標準機能)
分散可能プロトコル IP / TCP / HTTP
SSLアクセラレータ 無し
分散方式 ラウンドロビン / 最小接続 / 重み付け
セッション維持 クッキー(HTTPのみ)
HTTP圧縮 無し
HTTPキャッシュ 無し

L7ロードバランサー(オプション)

オプション機能であるL7(レイヤー7)ロードバランサーと呼ばれるLoadMasterを導入していただくことで、標準機能に加え様々なメリットを得られます。

  ロードバランサー
(標準機能)
L7ロードバランサー
(LoadMaster)
分散可能プロトコル IP / TCP / HTTP

IP / TCP / HTTP / SSL

SSLアクセラレータ 無し

有り

分散方式 ラウンドロビン / 最小接続 / 重み付け

ラウンドロビン / 最小接続 /
重み付け / リソースベース

セッション維持 クッキー(HTTPのみ)

クッキー / ハッシュ機 /
UserAgent / URL文字列

HTTP圧縮 無し

有り

HTTPキャッシュ 無し

有り

SSLアクセラレータ標準装備

SSL証明書をLoadMasterに読み込ませる事で暗号化・復号化処理をサーバに代わって実施します。
サーバへのSSL証明書導入は不要になります。 証明書導入管理工数の軽減やサーバの負荷軽減が期待できます。

多彩な分散設定

分散設定は一般的なラウンドロビンはもちろん、サーバ毎に分散割合を変えることができるので、異なるスペックのサーバが混在した環境でも対応できます。

アプリケーションレベルの処理が可能になる為、アクセスURL毎の分散設定が可能になります。
また、クライアントのユーザエージェントを認識し、PC用サイトや携帯用サイトに振り分ける事も可能になります。

これらの多彩な設定を組み合わせて利用することも可能です。

豊富なセッション維持設定

一般的なクッキーやクライアントIPアドレスによるセッション維持(分散先サーバの固定化)はもちろん対応可能です。
クッキーが利用できない古い携帯電話に対しても、セッションIDをURLに付記する形式で対応可能です。

冗長構成対応可能

アクティブ/スタンバイでの冗長構成が可能です。万が一の障害時もサービス継続率が高まります。

わかりやすい管理画面

各種設定から証明書の管理までブラウザから設定できます。

マネージドクラウドならではの特徴

細かい要件定義から設計、構築、運用まで、 ご希望される範囲で弊社が実施します。

機能・サービス

サービスについてご質問・導入のご相談はお気軽にご連絡ください。

03-5244-4112

お客様相談窓口 平日10:00~17:00

Webサイトからの ご相談はこちらから

ページトップへ